タバスコ倶楽部へようこそ!
このサイトは、タバスコ好きの管理人によるタバスコ情報サイトです。

管理人オススメのタバスコ第3位:ペッパーソース

タバスコ・ペッパーソース (6).JPG 一般に「タバスコ」と呼ばれるペッパーソース。たいていの料理に合うのがポイント。どの種類のタバスコを使うか迷った時は、ペッパーソースの出番です。タバスコ全般にいえますが、塩分量が少ないので安心して使えます。

【ソースの特徴】タバスコ定番の味。酸味が比較的強い。
【辛さ】2,500〜5,000スコヴィル
【オススメの使い方】揚げ物、シーフード料理。

管理人オススメのタバスコ第2位:ハバネロソース

タバスコ・ハバネロ (1).JPG タバスコがさらに辛くなったハバネロソース。タバスコをかけ過ぎて、料理が酸っぱくなってしまう人にはコレ!少量でもしっかり辛く、酸味は低めで使い勝手がいいです。素材の味を損なわないので、基本的にどんな料理にも合います。

【ソースの特徴】タバスコで最も辛い。酸味は弱い。
【辛さ】7,000〜8,000スコヴィル
【オススメの使い方】ピザやパスタなどの洋食全般。

管理人オススメのタバスコ第1位:ガーリックソース

タバスコ・ガーリック (6).JPG 管理人一番のオススメ、ガーリックソース。においを嗅ぐと、お腹がすきます(食後はそれほど臭いません)。中華料理をはじめ焼肉や野菜炒めなど、油を使う料理と相性バッチリ。通常のタバスコとは違い、味付けする感覚で使えます。

【ソースの特徴】ガーリック風味のタバスコ。酸味は弱い。
【辛さ】1,500〜2,500スコヴィル
【オススメの使い方】餃子や炒飯などの中華料理。





〜タバスコ公式ホームページのご案内〜

タバスコ公式ページ.png 各ソースに合ったレシピや、タバスコの作り方を動画で説明しています。タバスコ好きには堪らないサイトです。ただし、全て英語のページになりますので、ご注意下さい。タバスコの作り方は、当サイトの作り方ページでも日本語吹き替え動画を紹介していますので、合わせてご参照下さい。

タバスコ公式ホームページ (英語)





タバスコではありませんが、こんなものもあります!その名も「ゆずすこ」。九州名産のゆずこしょうが、タバスコ風の液体調味料になりました。
ゆずすこは、楽天のスパイスランキングで1位を獲得した実力派で、なかなかの美味。タバスコよりも日本人好みの味かもしれません。使い方は、パスタやサラダ、焼き魚などなど。洋食にも和食にも合います。種類は、ゆずすこ、しょうがすこ、ゆずすこレッド、のりクロの4つ。九州の名産品を扱うネットショップなどで取り扱っています。この機会に、ジャパニーズタバスコ(?)を試してみてはいかがでしょうか。






タバスコの歴史

タバスコは、アメリカ生まれの調味料です。ルイジアナ州エイヴァリーアイランドに本社を置くマキルヘニー社が製造しています。瓶についているラベルを見ると、上部に「MADE IN U.S.A」と印字されていることが分かります。ピザやパスタに使っているものがアメリカの食品とは意外ですよね。どのようにしてタバスコが生まれたのか、少し詳しく見ていきます。

タバスコの誕生


タバスコは、エドマンド・マキルヘニーという人物によって発明されます。タバスコが世に出た時のエドマンドの年は53歳前後。それ以前は、ニューオーリンズで銀行家をしていました。1862年にニューオーリンズが北軍によって陥落すると、マキルヘニー家はエイヴァリーアイランドへ移住します。そして、エドマンドはこの地に唐辛子の種をまきます。エイヴァリーアイランドの亜熱帯の気候は、唐辛子の生育に最適だったのです。唐辛子の種をどのように入手したかですが、実はよく分かりません。メキシコ・タバスコ州から帰還した南軍兵士から入手した説や、ニューオーリンズで旅人からもらった説など、様々な言い伝えがあります。


エドマンド・マキルヘニー.jpg
画像:TABASCOレジスタードマーク(エドマンド・マキルヘニー 1815?〜1890)


エイヴァリーアイランドは、アメリカ最古の岩塩が産出する地域として有名で、エドマンドは南軍に塩を供給していました。これが原因で北軍に攻撃されることとなり、さらにテキサス州へと逃れます。南北戦争の終戦後、1865年にエイヴァリーアイランドへ戻ると、辺りはすっかり荒れ果てていました。ところが、唐辛子は力強く自生していたといいます。この時エドマンドは、自身の大好物である生牡蠣用のソースをつくることを思いつき実行します。

唐辛子をすり潰し、b器の壺で30日間熟成。塩を加えてさらに熟成させると、味わい深いペッパーソースが生まれました。さすがに辛すぎたのでしょうか、調達可能だった蒸留酢を加え、当時としては珍しい液体調味料に仕上げました。その後も熟成期間の研究を進め、今のタバスコの原型が完成しました。これは売れると思ったエドマンドは、ゴミ捨て場から香水の瓶を見つけると、それにソースを入れて販売します。今のタバスコの特徴的な瓶は、この香水の瓶が元になっています。



大きな地図で見る
(エイヴァリーアイランド。周辺は沼地が広がる。)

タバスコの販売


タバスコと生牡蠣.jpg
画像:TABASCOレジスタードマーク(販売時のポスター 生牡蠣とタバスコ)


タバスコという名前は、メキシコの地名からとられました。エドマンドは「ペティート・アンセ・ソース」と名付けたかったようですが、反対が多く断念したようです。1868年に販売をはじめると、卸売業者を通じて350本が売れました。当時の価格は、1本1ドル。現在の価値で2,000円くらいなので、大したものです。その後も順調に販売量が伸び、1870年にはタバスコの製造法で特許をとりました。現在では、エイヴァリーアイランドで1日に100万本以上を生産しています。この本数は、エドマンドが生涯に売った本数の約3倍です。エイヴァリーアイランドで作られたタバスコは、21言語、160か国以上に輸出され、私たちの食卓で使われています。

タバスコが日本にやってきたのは、終戦直後。アメリカの進駐軍が持ち込んだとされています。日本人に広まったのは、喫茶店などに置かれるようになってからです。プロレスラーのアントニオ猪木が経営するアントントレーディング社が代理店契約を結ぶと、タバスコの知名度が上昇。代理店契約解消後に販売が伸び、現在に至っているようです。






目次
■TOPページ(管理人オススメのタバスコ)
■タバスコの種類
■お得な買い方
■おいしい利用法
■タバスコの作り方・健康への影響
■タバスコの歴史
■タバスコ以外のタバスコ
■タバスコの類似品


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。